脱毛サロンの脱毛方法について

脱毛サロンは街中にとても多くなってきました。昔は脱毛というと、ニードルを使用したニードル脱毛が多く、次いでワックスを使用したワックス脱毛が多かったと思います。ニードル脱毛は施術時間もかかり、痛みも強い方法として知られていますし、ワックス脱毛もお肌に負担がかかり、さらに最初のうちはかなり痛みがある方法と言われていました。このような痛い脱毛というのは、最近ではあまり行われていないんです。今脱毛サロンで多くなっているのは、フラッシュ脱毛と呼ばれている方法になります。光をお肌に照射して、その光の力によってムダ毛が再生されないように阻害する。というのがフラッシュ脱毛の簡単な仕組みになっています。この光というのはかなり強い光で、複数の周波数をもつ拡散性のある光です。特徴として、黒い色に熱反応を表すというものがあります。ムダ毛にはメラニン色素という黒い色の色素があるので、光を当てることで熱反応が加わり、毛根部分にある毛乳頭や毛母細胞といった組織にダメージを与えることが出来るんです。このダメージを受けた毛乳頭や毛母細胞は、毛を再生させる能力を失うために、毛の再生が阻害されるというのが、その詳しい仕組みになっているんですよ。